テキスト

富士山こどもの国の幼児が楽しめるまわり方をご紹介します!

お出かけ
スポンサーリンク

今回は1日では遊びきれない‼子供もクタクタ大満足な遊び場‼

「ふじさんだ~~」
CMでもおなじみの ”富士山こどもの国”の情報です。

さて、年齢が違うと 遊ぶ遊具も違うと思うので、幼児編では小学入学前位の お子さんを対象に、園内おすすめの廻り方を、ご紹介します。

行った事ある人も、行ったことない人も‼。
富士山こどもの国が無料!割引情報と渋滞回避のルートを伝授

も合わせてお読みいただくときっとお役に立てますよ!

それでは行ってみましょう!

スポンサーリンク

街の広場で遊ぼう!

富士山こどもの国は街の広場を拠点に、全ての道が繋がっているんです!

富士山こどもの国の出入口の建物です。

土日などのイベントはここで、良く行われていますよ。

ちょっとした、お土産やアイスクリームなどの出店が出ているのが、この広場です。

変わり種自転車で遊べちゃう∼‼‼

晴れていたら‼変わり種自転車を、借りちゃおう‼

こどもセンターの建物で受付すれば 15分 200円
借りられます。

 

レメリア
レメリア

午前中は混んでいるので、帰りに!

遊び足りなかった お子さんには おすすめ‼です。

 

子供センターで工作教室を体験しよう!

 

こどもセンター内では、毎月色々思考を変えた工作教室が行われています。

こどもセンターは建物内なので、途中で雨に降られたら⁇ここで遊ぶのも良いですよ。

こどもホール(体育館)で遊ぼう!


横に隣接している、こどもホールでは体育館になっているので、
雨でも遊べます。

なんと無料!!

貸し出しのボールやフラフープなど沢山の遊具が自由に使えちゃうんです‼
輪投げ壁登りなど、お子さんの好きな道具がきっとあります。

富士山こどもの国はレストランの営業時間が短い!

街の広場の一番奥にあるレストランは120席もある大きなレストランです。

草原広場付近にある【草原のレストハウス】も同じなのですが

営業時間が、短いので要注意。

・ 4月  – 9月/11:00 – 15:30
・10月 – 3月/11:00 – 15:00
たった4時間位の短い営業時間なのです。

もし、お昼を持たずに 行っていたなら、レストランは
ココ【街のレストラン】と草原の【草原のレストハウス】2か所だけ‼

なので、時間を見ながら お昼を食べましょう。

街のレストランのオススメメニューは、

桜エビとかき揚げうどん600円!

お手頃価格ですが、満足しますよ。

さて、街のエリアから 広~~い園内を、どっちに行こうか⁇
迷っちゃいますよね⁇

富士山こどもの国で幼児におすすめなルートは?

蜘蛛の巣ネットを目指してGO‼‼

レストラン奥方面を目指します。
コンクリートの道なので、ベビーカーでも大丈夫。

凸凹道ではありません。

緩やかな登り道を行くと、
草原の迷宮と言う お城の様な迷路が出て来ます。

背丈ほどの低い遊具が横に見えて来ます。

ココは、古代遺跡風の迷路になっています。

レメリア
レメリア

迷路入口から何分で出口に出れるかなぁ⁇よーいドン‼

ベストタイムが出せるかな⁇

なんて 遊ぶのも楽しいですよ。

迷路の高いところで“あれぇ何⁇”“変なの”って見えたのが‼

目指していた、蜘蛛の巣ネット…です‼さあ 行って見ましょう‼

蜘蛛の巣だ~~~。
日本に2つしかない‼蜘蛛の巣ネット‼登場~。
正体は…。大き~~な“ハンモック”‼
気持ち良い感じの優しいロープなので、痛くないんです。
さっ‼ここで、思いっきり遊びましょう。
きっと、飽きることなく 遊べちゃいます。
登ったり 降りたり…中に入ったり…。
子供の心は くぎ付け‼ 間違いなし…‼

随分遊んで、疲れたかな⁇
ベビーカーに乗って一休みかな?

花の谷がきれいです!!(春から秋)

子供が一休みしている時間に、隣の
【花の谷】も春~秋なら 花が咲いておすすめです。
珍しい高原の花(山野草)が見られます。ママの癒しの時間かなぁ?

花の季節じゃない時期は、思い切って花の谷に行かずに曲がって‼‼下さい。

 

レメリア
レメリア

花の谷の先の道は、登り坂が続くので…ベビーカーではキツイかも⁇なのです。

帰り道コースなら下り坂になるので、ベビーカーでも楽ちんですね。

なので、帰り道コースでご紹介します。

雪の丘方面に向かってGO~‼

冬の期間は、この雪の丘で雪遊びが存分に楽しめます。

ソリ遊びや、雪合戦など人口雪を降らせているので雪は山ほど‼あります。
雪三昧で楽しいですよ。


冬のメインイベントですね。冬には おすすめです。

途中にある“わんぱくの家”は、通り過ぎるのがおすすめです。

わんぱくの家は、自由工作のゾーンです。
クギやノコギリ トンカチなど 大工さん用具が沢山あります。

もし行くときは、手を放さず転ばないように,

足元のクギに注意しましょう。

大きくなってからここは、来ることにして。

まきばの家目指してGO!!

動物がギリギリまで見えてきませんが、カーブを曲がると
馬とポニーが お出迎えしてくれます。

ココには馬やポニーが1周乗馬場で、お出迎えしてくれます。


もし雨が降っていたら、屋内で乗馬体験が出来ますので覗いてみるのも良いですよ。
厩舎横に、沢山のヤギと羊たちが「メーメー」と大歓迎~。
このヤギと羊たちですが、

1回50円でエサやりが出来ます。

エサを持っていると、すぐ近くまで来てくれますよ。

【秘密の 常連さん情報~】

エサやりも‼楽しいのですが…。
ヤギさん連れてお散歩するのが おすすめです。

厩舎の近くで受付すると、

1回200円で やぎさんとお散歩‼
出来るんです。

ヤギさんと、お散歩したことない人~~‼ぜひ‼‼

犬の散歩はしたことあっても~~。ヤギは⁇⁇どうですか⁇

犬より大きいヤギの引っ張る力は⁇どんな感じなんでしょうか⁇

やぎさんと散歩した人だけに、分かるはず…‼‼

やぎウンチの世話は、その時のやぎさん次第~~。のおまけ付き…。

ヤギさんの 行きたいところに 案内してくれますよ‼‼

思う存分 動物たちと触れ合って大満足していると、
最後にアルパカが お見送りしてくれます。

粋なはからい‼に大満足です。

(アルパカのツバに注意!!!)クッサいです^^;

草原の広場で ピクニックへGO‼

草原の広場まで登りの坂道が続きますが、ゆっくり森林浴しながら歩きシャボン玉‼なんて、いいですよ~。

時期によっては、街の売店でシャボン玉を販売しています。

 

レメリア
レメリア

シャボン玉が売っているか、覗いてみても良いかも??です。

登り道を、楽しみながら のんびり歩きましょう。
すると、広大な敷地の草原がドーンと見えてきます。

 

草原の広場でピクニック!

広すぎます‼ 広いんですよね。
ここで、大きなシートを遠慮なく敷いて おやつタイムのピクニック~~‼‼

アクセス編でお知らせした、
おやつやお昼をリュックに入れて‼)とは、これが理由でした。

お昼を、持ってきたのなら ここが気持ちいいランチ場所です。

見渡す限りの緑一面で食べると、まるでハイジの気分ですよ。

ココなら、ボール投げや、バトミントンも出来ちゃいます‼
のんびり出来るので、ゆっくり休憩タイムですね。

【秘密の常連さん 情報~】

小高い山が、目の前にあります。

この山から見る富士山の眺めが 大きくて~綺麗です。

周りの山脈も美しい‼山に来た~~って実感します。

空気も澄んでいて、自然の癒しに感動です。

空も雲も近くに感じ、飛べそうな⁇気がする程…。

空気が澄んでいて富士山が近くに見えます。

さて、ゆっくり休んで 歩く元気が湧いてきたら‼

草原の家レストハウス方面へ GO‼

【秘密の常連さん 情報】おまけ

草原の広場も 目の前のパターゴルフ場も 行き止まりなので、
コンクリの道路まで1度戻って出発しましょう。

さあ、歩き始めると富士山の溶岩で出来た滑り台が見えてきます。

富士山が噴火した時の溶岩です。

溶岩を見たことない方は是非、触って見て下さい。

普通の石とは違う感触が味わえますよ。

その滑り台の先に見えてくるロッジの様な建物が、草原の家です。

外には、日帰りバーベキュー場があります。これは予約制ですね。

でも建物の中に、営業時間が短い「草原のレストハウス」があります。お食事も出来るので、お昼を持ってない方は ここで食べれます。

草原のレストハウスのオススメのおやつは

ワッフルアイス400円

甘くて、冷たくて、たくさん歩いた体が喜ぶおいしさですよ。

さてここからは、帰り道です。
のんびり下り坂なので ベビーカーでも楽ちんです‼

キャンプ場やパオに泊まる方の専用駐車場の横を通り過ぎれば

先ほどの花の谷が見えてきます。帰り道なので、下り坂ですよ。

珍しい山野草の花が、咲いている時期はラッキーですね。

数日しか咲かない花や、湿地でしか育たない花など…。
いろいろ勉強になり癒されます。

まとめ

さて、花の谷まで来たら、その先が蜘蛛の巣ネットでゴールですね。

これで、富士山こどもの国の約半周位です。

え~~‼

ですよね‼
小さいお子さんは、ベビーカーで何回お昼寝したかな⁇ですね。

本当に広いので、1日では‼クタクタで遊びきれませんね。

「次回、また来たくなる」「何回行っても楽しい」
そんな遊び場ですよ。

是非、クタクタになるまで遊んで来て下さい。

スポンサーリンク
お出かけ静岡県東部
スポンサーリンク
子育て・お出かけ・生活 from Shizuoka

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。